ポーカー

ASIA PACIFIC POKER TOUR

トーナメントポーカールール

一般ルール

  1. トーナメント ディレクターとフロアパーソンは、ゲームにとって最善の対応及び公正性を意思決定プロセスにおける最優先事項とするものとする。稀な場合ではあるが、技術的なルールよりも公平さを優先して決定が下される事がある。トーナメント ディレクター及び/又はフロアパーソンの決定は最終的なものである。
  2. プレイヤーの責任 – プレイヤーは、参加登録情報及び割り当てられた席の確認、ハンドの保護、意図の明確な表現、アクションへの参加、順番を守ったアクション、アクションを行う権利の保護、カードが見えるようにすること、チップスタックの整理、有効なハンドでのテーブルへの参加、誤りの指摘、速やかなテーブルの移動、「1 プレイヤー 1 ハンド」ルールの遵守、ルールの理解と遵守、エチケットの遵守、ルールに従ったトーナメント進行への協力が求められます。
  3. プレイヤーの責任 – プレイヤーは、参加登録情報および割り当てられた席の確認、ハンドの保護、意図の明確な表現、アクションへの参加、順番を守ったアクション、アクションを行 う権利の保護、カードが見えるようにすること、チップスタックの整理、有効なハンドでのテーブルへの参加、誤りの指摘、速やかなテーブルの移動、「1 プレイヤー 1 ハンド」ルールの遵守、ルールの理解と遵守、エチケットの遵守、ルールに従ったトーナメント進行への協力が求められるトーナメント ポーカーの公式用語 – 公式のベッティング用語は単純で、誤解の余地のない伝統的な宣言 (ベット、レイズ、コール、フォールド、チェック、オールイン、ポット (ポットリミットのみ) など) を使用する。地域的に使用される用語もこの標準を満たす場合がある。標準外の言語およびジェスチャーの使用は、プレイヤーの意図とは異なる裁定が下される場合があるため、プ レイヤーのリスクの下で行うものとする。プレイヤーは自らの意図を明確に表現する責任を負う。
  4. 電子機器 - 電子機器とは以下の機器を指すが、これに限定されるものではない。如何なる時も電子機器をポーカー テーブルのあらゆる部分を含めた競技台表面上に置くことはできない。物品をレールに置くことは許される。
    1. 電話 - ハンドに参加しているか否かに関わらず、プレイヤーはテーブルで電話を使用することはできない。電話を使用する際はテーブルから離れる必要がある。
    2. 電話、タブレットおよびノートパソコン – これらの機器はテーブルで使用できるが、ハンドの間は使用できない。テーブルに着席中、ノートパソコンを外部電源に接続してはならない。
    3. Periscope、Twitch 等 - プレイに参加している間にアプリまたはその他の種類の放送機能を使用してトーナメントを放送してはならない。
    4. 装着可能な録音機器 – ポーカー ルームではこれらの機器およびいかなる種類の録音機器の使用も禁じる。
    5. テレビ撮影されるテーブルやメインイベントのファイナルテーブルでは電子機器の使用は不可。
    6. ゲームの妨げとなるもの - 電子機器やその他のアイテムを使用することでゲーム進行を遅らせている、または他のプレイヤーに迷惑をかけているとフロアスタッフが判断した場合、PSLive はプレイヤーに該当機器やアイテムの使用を停止するよう要請する権利を保有する。本、雑誌、電子機器等を含むがこれに限定されない外的影響により、あるプ レイヤーがゲーム進行を遅らせているとプレイヤーが感じた場合、プレイヤーは、フロアパーソンに連絡するようディーラーに要請する事ができる。
  5. ディール - 開催地のゲーム規定に反しない限り、すべての会場でディールを行う事ができる。すべてのディールはメディアに報告される。

トーナメントの席について

  1. 席の決定/スタック - トーナメントの席はすべて無作為に割り当てられ、譲渡することはできない。トーナメントスタッフは、トーナメント中如何なる時であれ、身体に障がいを持っ たプレイヤーの為に席を調整、またトーナメント開始時にテーブルの均衡を保つ為に席を調整する権利を有する。プレイヤーは自身の責任において、登録確認票の 記載事項が正しいかどうか確認するものとする。
    1. 補欠、途中参加、再エントリの場合はフルスタックが与えられる。席が割り当てられ、スモール ブラインドとボタンの間を除き、そのポジションに対する権利と責任を負う。
    2. 該当する場合、テーブルと席が割り当てられたプレイヤーは、席番号がすべて決まった時点でプレイに使用するスタックが渡される。
      1. 例: あるプレイヤーにテーブル 4/席 8 が割り当てられた場合、8 番席が全部決まった時点でトーナメントのすべての 8 番席にプレイに使用するスタックが渡される。
  2. 個人認証 - 全ての PSLive ライブ イベントでは、トーナメント開始時、再開始時の着席の際、顔写真付き身分証明書を提示する必要がある。不正な身分証明書を使用した者は罰則の対象となり、イベントへの参加資格を取り消される場合がある。
  3. リバイ - リバイを希望するプレイヤーはハンドを免れる事はできない。プレイヤーが新たなハンドが始まる前にリバイの意思を示した場合、そのプレイヤーチップがあるものとしてプレイを続け、リバイをする義務がある。
  4. テーブルブレイク - ブレイク方法については、参加登録受付が終了してから発表される。PSLive はブレイク方法を変更する権利を有する。ブレイクされたテーブルから他へ移るプレイヤーのポジションに関する権利と義務(ボタン、スモールブラインド、 ビッグブラインド)は引き継がれる。スモールブラインドからボタンまでのハンドは配られない。
    1. テーブルは二重ランダム化によりブレイクされる。ディーラーがシート 1 からカードを配る (最もランクの高いカードが当り)。フロア パーソンがシート カードを混ぜ、ランクの高いカードから時計回りにテーブルに配る。
  5. テーブルの人数均等化 - プレイヤー数が最多のテーブルよりもプレイヤーが 3 人少ないテーブルでプレイが停止される。フロップとミックスゲームでは、プレイヤーはビッグブラインドから、可能な場合はシングルビッグブラインドを含む 最も悪いポジションに移される。最悪のポジションがスモールブラインドである事はない。スタッドのみのゲームでは、プレイヤーはポジションに従って移動す る (人数の足りないテーブルで最後に空席となった席に移動)。
    1. トーナメント後半になると、トーナメント ディレクターの判断により、テーブルが均等になるよう調整される。

ゲーム進行について

  1. ボタン - 各イベントの開始時、再開始時、席替え時、ファイナルテーブル開始時にボタンを位置を決める抽選が行われる。この抽選はトーナメント全体のボタン位置を決定する。
    1. デッド ボタン - すべてのイベントでデッド ボタンを使用してプレイを行う。デッド ボタンは、プレイヤーの敗退や、スモールブラインドとボタン間のポジションに新たなプレイヤーが着席したことが理由で次のプレイヤーに移動できなくなったボタンをいう。
    2. ヘッズアップ ボタン - ヘッズアップではスモールブラインドはボタンの位置となり、最初にアクションする。ヘッズアップ開始時は、連続でビッグブラインドとなることがないよう、ボタンの調整が必要な場合がある。
    3. ボタン位置の間違い - ディーラーボタンが間違った場所に置かれ、アクション (ルール#41) 後にそれが発覚した場合はプレイを続行し、ボタンは時計回りに次の位置に移る。アクション前に発覚した場合は、ミスディールとなりボタンは正しい位置に戻される。
  2. チップ レース - チップのカラーアップを行う際には、最大 1 枚のチップがプレイヤーに与えられるまでチップ レースを行うものとする。チップレースは常にディーラーのすぐ左に着席しているプレイヤーから開始する。チップレースによりプレイヤーがトーナメントから排除されることはない。プレイヤーの残りチップが1枚だけとなり、そのプレイヤーがレースに負けた場合は、プレイに使用されている最少単位のチップを1枚与えられるものとする。チップレース後、低い単位のチップがスタックに残っているプレイヤーは、それらがプレイに使用されているチップと同価値を持たない限り、それらのチップを放棄するものとする。プレイヤーはチップレースに立ち会う事が推奨される。
  3. 自由裁量によるカラーアップ - トーナメント スタッフは、如何なる時であれ独自の判断においてプレイヤーをカラーアップする権利を有する。プレイヤーはカラーアップに立ち会う権利を有し、またそうする事が推奨される。自由裁量によるカラーアップを実施する場合は、プレイヤーに対してその旨を告知し、プレイヤーがカラーアップに立ち会えるようにするものとする。
  4. 余剰チップ - ポットを分割するゲームでは、余ったチップはハイハンドに与えられる。フロップゲームにおいて、2 以上のハイハンドおよび 2 つ以上のローハンドがある場合に は、余剰チップはボタンの左側から数えて最初の有効ハンドに与えられる。スタッドゲームにおいては、余剰チップはスートによるハイカードに与えられる。しかしハンドが同等の価値を有する場合には、ポットは可能な限り均等に分けられるものとする。オマハ/スタッド エイトオアベターにおいて、ポットはプレイに使用されている最小単位のチップまで分割されるものとする。余剰チップが、最初のポット分割の結果生じたものであれば、ハイハンドに与えられる。ハイハンドまたはローハンドの分割により更に余剰チップが生じた場合は、より低いポジションにいるプレイヤーに与えられ る (すなわちボタンの左隣に最も近いポジション)。スタッドゲームにおいては、余剰チップはスートによるハイハンドに与えられる。分割されたハイポット又は ローポットがある場合は、余剰チップは 2 つのハンドのスートによるハイカードに与えられる。
  5. テーブル上のカード、チップおよびスタック - プレイヤーはカードを常に見えるようにしておかなければならない。プレイヤーは対戦相手のチップ量を見積もる権利を有する。このためチップは数えることができるように積み上げておくものとする。PSLive は業界標準として 20 枚ずつのスタックをきれいに積み上げることを推奨する。プレイヤーは最高単位のチップを常に見えるようにしておかなければならない。
    1. プレイヤーは実際のベット額に限り正確に知る権利を有し、対戦相手のプレイヤーがオールインした場合はその全額を知ることができる。
  6. チップの移動 - チップはすべてチップ ラックに入れた状態で持ち運び、常に見えるようにしておく必要がある。プレイヤーはチップが見えない状態でトーナメント チップを持ち運ぶことはできない。そのような行為をしたプレイヤーは、チップを没収され、参加失格となることがある。没収されたチップは、ゲームから除外 されるものとする。
  7. デッキの交換 - ディーラーまたは PSLive の判断によりカードデッキの交換が実施される。プレイヤーがデッキの交換を要求することはできない。
  8. フォールドされたハンド - ディーラーまたはプレイヤーにより、ディーラー「マック」、バーン カード、ボード、捨てられたカードの束に伏せた状態で触れた手札は、フォールドしたと見なされる。ルール #1 を受け、フロアパーソンは正当な理由があり且つハンドが明らかに回収可能である場合に限り、マックされたハンドを回収し、有効としてプレイに戻すことがで きる。ベットの順番で、カードを前方に投げ出す所為をしたプレイヤーはハンドをフォールドしたものと見なされる。フロアパーソンの決定は最終的なものであ る。
    1. ルール #27 の状況が当てはまる場合、ターンでのフォールドは拘束力がある。
  9. ハンドへの異議とハンドの無効化 - ハンドに異議を唱える権利は新しいハンドが開始をもって終了する。新しいハンドは最初のシャッフルをもって開始する。シャッフル マシンを使用するテーブルでは、ディーラーによるデッキ取り出しボタンの押下をもって新しいハンドが開始する。
    1. ハンドの無効化 - ディーラーはテーブルに置かれ、明らかに勝利したハンドを無効にすることはできない。誤った措置がなされる可能性があると思われる場合は、プレイヤーがテーブルに置かれたハンドの確認に協力されたい。
    2. 保護されていないハンド - ディーラーが保護されていないハンドを無効にした場合、プレイヤーは補償や払戻を受けることはできない。例外として、プレイヤーがレイズし、そのレイズがまだコールされていなかった場合はレイズした額の払戻を受け取ることができる。ただし、レイズがコールされていた場合は除く。
  10. サイド ポット - サイド ポットは独立したポットとして分けられる。ポットを分ける前にポットを 1 つにすることはない。プレイヤーはいかなる理由においてもポットに触れることはできない。
  11. クロック要求 - 妥当と思われる一定の時間が経過した場合、プレイヤーはクロックを要求できる。フロア パーソンが要求を承認後、プレイヤーは 1 分以内に意思決定しなければならない。この時間は50 秒から成る。猶予時間以内にアクションが行われなかった場合は、10 秒のカウントダウンが行われる。カウントダウン終了時までにアクションが行われなかった場合、そのハンドは無効となる。トーナメント監督者は、プレイヤー が意図的に時間をかけていると判断される場合にクロック時間を短縮する権利を有する。意図的にゲーム進行を遅らせていると判断されたプレイヤーは罰則の対 象となる。
    1. レベル時間が 20 分以下の PSLive トーナメントでは、クロックは 25 秒、続くカウントダウンは 5 秒とする。
    2. カウントダウン終了とプレイヤーのアクションが同じタイミングだった場合は、通例、ルール #1 の確認を待ってプレイヤーのアクションが採用される。
  12. 終盤のプレイ - 数日間にわたって開催されるトーナメントでは、遅延を防ぐために以下の措置が取られる。最終レベルの残り時間が 15 分~ 5 分の間、トーナメント ディレクターはクロックを停止する。一人のプレイヤーが 3 から 7 の間のカード 1 枚を引き、引かれた数字をその日にプレイされる残りのハンド数とする。トーナメント ディレクターは残りハンド数を宣言し、全てのテーブルで次のシャッフルまたはシャッフルマシーンのデッキ取得ボタンを押した時点から、残りハンド数が適用さ れる。
  13. ハンドフォーハンド プレイ - 入賞賞金が支払われる順位(「マネーバブル」)近くまでゲームが進行すると、トーナメントはハンドフォーハンド プレイに切り替わる。トーナメントディレクターがハンドフォーハンド プレイを宣言した時点で、全てのテーブルは現在プレイしているハンドを終了し、アクションを停止する。全てのテーブルがそのハンドを終了すると、各テーブ ルのディーラーは1ハンドのみディールし、更にそのハンドが終了すると再度アクションを停止する。これはトーナメント入賞順位に達するまで繰り返される。
    1. コールされたオールイン - ハンドフォーハンド プレイの最中、コールされたオールインが発生したテーブルでは、ハンドの公開も含め全てのアクションを一時停止する。そのテーブルは全ての他のテーブルが そのハンドを終了するのを待たなければならない。他のテーブルでハンドが終了したら、フロアパーソンがオールインが行われたテーブルへ行き、ハンドをプレ イするよう指示する。コールされたオールインが複数テーブルで発生した場合は、ひとつのテーブルずつプレイする。
    2. 2 名以上のプレイヤーが同じハンドで異なるテーブルで脱落したときには、それらのプレイヤーは同順位となる。
    3. 2 名以上のプレイヤーが同じハンドで同じテーブルで脱落したときには、ハンド開始時により多くのチップを有していたプレイヤーが上位となる。

アクション

  1. 新トーナメントレベル - ラウンドが終了し、新たなラウンドがトーナメントスタッフにより宣言されると、次のハンドから新しいリミットが適用される。新しいハンドは最初のシャッフ ルから始まる。シャッフルマシーンを使用する場合、ディーラーがデッキ取得ボタンを押した時からハンドが始まる。
  2. 着席義務 - ディーラーが最後のカードをボタンに配る際、プレイヤーは着席していなければならない。最後のカードがボタンに配られた後、着席していないプレイヤーの カードはディーラーによりマックされる。スタッドゲームでは第3ストリートで再度のアップカードが配られた後が該当する。プレイヤーはタイムを要求する際 は着席していなければならない。「着席」とは、自分の席にいつでも着ける状態を指す。判断しかねる場合、フロアパーソンの決定が最終的なものとなる。
    1. スタッド ゲーム – スタッドのルールでは、無効なハンドを持つプレイヤーに対して、ローベットにブリングインし、追加のカードを受け取ることを強制することが可能なので注意されたい。このルールが適用される。
  3. アクション待機 - ハンド中、自身がまだプレイを続けている場合、そのプレイヤーはテーブルに着席していなければならない。これにはオールインの場合も含まれる。オールイン をした場合、プレイヤーはテーブルに着席していなければならず、レールへ行ったり、部屋を歩き回ったり、メディアと話をする等の行為をしてはならない。自身がハンドプレイ中にテーブルを去るプレイヤーは、罰則 の対象となる。
  4. レイズの回数 - ノーリミット ゲームではレイズの回数に上限はない。リミットイベントでは、ベットの最大回数はハウス ルールに基づく。ハウス ルールが無い場合は 1 ベットにつきレイズ 3 回となる。ヘッズアップではレイズの回数は無制限となる。
  5. ストリング ベット -ディーラーは、ストリング ベット/レイズを判定する責任を負う。ディーラーが見逃している場合は、テーブルのプレイヤーがストリング ベット/レイズの判定を支援する事が推奨される。プレイヤーが指摘したストリング ベット/レイズはフロアパーソンが確認する。ストリング ベット/レイズとは複数回に分けてベットやレイズをする事であり、前もって口頭で宣言せずにスタックに戻したり、プレイヤーのアクションが完了する前に順 番を飛ばしてアクションを行わせることを目的とした紛らわしい行為が含まれる。
  6. 実質的アクション - 実質的アクションは、順番に沿った 2 つのアクションで、その内の少なくとも 1 つがポットにチップを投じるもの、または順番に沿った 3 つのアクションの任意の組み合わせ (チェック、ベット、レイズ、コール、フォールド) のいずれかである。
  7. 順番の沿った口頭およびジェスチャーでのアクション宣言 (アンダーコールを含む) -順番に沿った口頭によるベットの宣言は拘束力を有する。順番に沿ってポットに置かれたチップはすべてポットに留まるものとする。プレイヤーは常に順番に沿ってプレイしなければならない。
    1. アンダーコール –3 人以上が参加するベッティング ラウンドでの最初のベットまたはヘッズアップでのベットに対してアンダーコール (現在のコール額を下回る額をベットすること) が行われた場合は、強制的に全額でのコールとなる。すべての状況においてトーナメント ディレクターの判断が適用される。本ルールのため、ブラインド ゲームでは、ビッグ ブラインドが最初のベッティングラウンドの最初のベットとなる。
  8. 順番を飛ばした口頭およびジェスチャーでのアクション宣言 (アンダーコールを含む) – 順番に沿った口頭によるベットの宣言は拘束力を有する。順番に沿ってポットに置かれたチップはすべてポットに留まるものとする。プレイヤーは常に順番に 沿ってプレイしなければならない。プレイに影響を及ぼす為に意図的に順番を飛ばすプレイヤーは罰則の対象となる。順番を飛ばして行われた (口頭またはジェスチャーでの) アクションは、そのプレイヤーに対するアクションが変化しなければ、拘束力を有するものとする。コール、チェックまたはフォールドは、アクションが変化した ものとはみなされない。アクションが変わった場合、順番を飛ばして行われたベットは拘束力がないものとみなされ、順番を飛ばしたプレイヤーに返却される。 順番に飛ばしたプレイヤーは、すべての選択肢 (コール、フォールド、レイズ) の中からアクションを選択できる。
    1. プレイヤーがレイズし、そのハンドがコールされる前に無効となった場合、そのプレイヤーは再度レイズできるが、コール分は失う。
  9. 許容されるアクション - 他者の発言内容にかかわらず、コールを行う前に対戦相手の正しいベット額を把握するのはコールを行う者の責任である。コールを行う者がカウントを要求したが、ディーラーまたはプレイヤーから不正確な情報を知らされ、その額を出した場合、コールを行った者は正確なアクションを行うことを受け入れたことになり、正しいベット額またはオールインになる額をベットしなければならない。トーナメントでのすべての状況において、ルール #1 がトーナメント ディレクターの判断で適用される。
  10. 単位の大きなチップ - プレイヤーがレイズと宣言せずに単位の大きなチップ 1 枚をポットに投じた場合はコールと見なされる。プレイヤーが「レイズ」と宣言して単位の大きなチップ 1 枚をポットに投じたものの、その金額を言わなかった場合、レイズの額はそのチップの単位の最大額となる。単位の大きなチップ 1 枚でレイズするには、チップがテーブルの上に触れる前に口頭で宣言することが必要となる。フロップ後、最初にベットするプレイヤーが何の宣言もなく単位の 大きなチップ 1 枚を投じた場合、チップのサイズと同額のベットと見なされる。
  11. 複数のチップ - ベットに対してレイズを先に宣言せずに同一単位のチップを複数枚投じた際、チップ 1 枚を取り除いた額がコール額に満たない場合は、コールとみなされる。例: ブラインドは 200-400。A が 1,200 にレイズ (800 上乗せ) した後、B がレイズと宣言せずに 2 枚の 1,000 チップを投じた場合はコールとみなされる。B が 4 枚の 500 チップを投じた場合、2,000 にレイズ (800 を上乗せ) した事になる。 
  12. レイズ - プレイヤーは自らの意図を明確に表現する責任を負う。プレイヤーは正確なベット額またはレイズ額を口頭で宣言する事を強く推奨する。ノーリミットおよびポットリミットにおけるレイズの規定は次の通り。
    1. 1 回の動作で全額をポットに投じること。
    2. ポットにチップを投じる前にその全額を口頭で宣言すること。
    3. ポットにコールを投じる前に「レイズ」と口頭で宣言し、一度の動作でアクションを完了すること。
  13. ハーフベット レイズ - 直前のベットの 50% 以上、最小レイズ未満のレイズを行ったプレイヤーは、フルレイズを行わなければならない。この場合、レイズは最小レイズと同額とする。「レイズ」と口頭で 宣言せずに、直前のベットの 50% 未満のレイズを行ったプレイヤーは、直前のベットをコールしなければならない。
  14. オールイン レイズ - フルレイズに満たないオールインは、既にアクションを行ったプレイヤーに対して新たにベッティングの機会を与えるものではない。
  15. 隠れたチップを含むオールイン - オールインにより、隠れたチップを含むチップ全額がハンドに投入される。ただし、オールインを行ったプレイヤーは隠れたチップから利益を得ることはできない。
    1. 例: A が 21,000 をオールインすると、100,000 を持つ B がコール。チップをテーブル中央に出す際、A は腕の下に 1,000 チップ 2 枚があるのを発見。A がポットを獲得した場合、A は 21,000 を獲得。A が当該ハンドで敗退した場合、B は 23,000 全額を獲得する。
    2. 例: A が 50,000 でオールインすると、55,000 を持つ所 B がコール。チップをテーブル中央に出す際、A は腕の下に 10,000チップ 1 枚があるのを発見。A がポットを獲得した場合、A は 50,000 を獲得。A が負けた場合、B は自身のスタック 55,000 全額を獲得しダブルアップする。

ショーダウン

  1. 口頭での宣言 - カードがよりハンドの勝者が決定する。プレイヤーのハンドの内容に関する口頭での宣言は拘束力を持たない。ただし、自身のハンドのについて意図的に誤った 情報を提供するプレイヤーについては、トーナメント スタッフの判断により罰則の対象となることがある。
  2. オールイン時のショーダウン - プレイヤーがオールインし、すべてのアクションが完了すると、すべてのカードが表を上にして置かれる。カードが表を上にして置かれる前にプレイヤーが誤っ てハンドをフォールドまたはマックした場合、トーナメント スタッフはそのハンドが確実に特定可能ならばこれを回収する権利を留保する。オールイン時にカードを意図的にマックするプレイヤーは罰則の対象となること がある。
    1. サイド アクション - オールインしたプレイヤーがメインポットにいる状態で、複数のプレイヤーがサイドでプレイを続けている場合、リバーでのショーダウンに参加するサイドポッ トのプレイヤーはオールインしたプレイヤー同様に手札を公開しなければならない。オールインしたプレイヤーがメインポットにいる状態で、サイドポットのリ バーでのショーダウンに達した場合、フォールドする事はできない。ディーラーはすべてのハンドを有効とし、ポットを獲得する資格があるものとする。
  3. ショーダウン - すべてのアクションが終了したら、直近のアグレッサーが最初に手札を公開し、順に右回りに手札を公開していく。ファイナルストリートでベットがなかった場 合は、当該ベッティングラウンドで最初にアクションを行うプレイヤーが最初に手札を公開する (例: フロップ ゲームではボタンの左隣、スタッドではハイハンドとなる)。
    1. ターンでは手札の公開を拒否する事ができ、フォールドも可能である。この場合ポットを獲得する権利は失う。
    2. 手札を公開しないプレイヤーまたはフォールドするプレイヤーはルール#53b の措置の対象となる。
  4. 勝利ハンド - プレイヤーがポットを獲得するにははすべての手札を公開しなければならない。ボードを使用する場合も同様である。手札を持っているプレイヤーが 1 人しか残っていない場合は、手札を公開せずにポットを獲得できる。例: B がリバーでベットすると、A がこれをコール。B はマックし、A はポットに参加している最後のプレイヤーになった。この場合、A は手札を公開せずにポットを獲得できる。
    1. テーブルに置かれたハンド - すべてのカードが表を上にしてテーブルに置かれた時点で手札が公開されたと見なされる。カードをちらっと見せたり、振って見せたりといった行為は手札の公開とは見なされない。手札をテーブルに置いて公開しなければ、ポットを獲得できない。
    2. 公開拒否 - プレイヤーが手札の公開を拒否した場合、ディーラーは残りのカードをめくる事はできず、フロアパーソンを呼ぶものとする。フロアパーソンはプレイヤーに手 札の公開を指示し、プレイヤーがこの指示に従わない場合はフォールド扱いとする。フロアパーソンがハンド無効を宣言し、ゲーム進行の妨害を理由に罰則を科 するまで、プレイヤーには 5 秒間の猶予が与えられる。テーブルに着席しているプレイヤーは他のプレイヤーのカードをめくる事はできない。プレイヤーが他のプレイヤーのカードをめくっ た場合、そのハンドは有効だが、カードをめくったプレイヤーはエチケット違反として罰則が科されることがある。
  5. 勝利ハンドの公開 – ショーダウンまで達したプレイヤーは、他のプレイヤーが手札を保持している場合は、その手札の公開を要求できる。他のプレイヤーがハンドをマックした場合 は、手札の公開を要求する権利を失う。ショーダウンに達したプレイヤーが要求したハンドは公開されるが、ポット獲得の権利を保持する。ショーダウンに達し なかったプレイヤーはハンドの公開を要求する事はできない。
    1. 共謀に対する正当な懸念がある場合、プレイヤーはディーラーにゲーム進行の停止を要求し、フロアパーソンにハンドを確認するよう要求する事ができる。

罰則とエチケット

  1. 開示 - プレイヤーは常にトーナメントに参加している他のプレイヤーを保護する義務がある。従って、プレイヤーはハンドに参加しているか否かにかかわらず、次の行為を行ってはならない。
    1. 保持しているハンドまたはフォールドしたハンドの内容を開示すること
    2. アクションが完了する前にプレイに関するアドバイスまたは批判すること
    3. テーブルに公開されていないハンドを読むこと
    4. 観戦者とハンドや戦略について議論すること
    5. 外部からアドバイスを求めたり受けたりすること
    6. 「1 プレイヤー 1 ハンド」ルールが適用される。
  2. テレビ放映テーブルと手札 - Web キャストやテレビで放映されるトーナメントの参加プレイヤーは、撮影スタッフに協力しなければならない。これにはテーブルに設置されているカメラに手札を見せる事も含まれる。協力できない場合、罰則が科される事がある。
  3. カードの暴露 - 自分の順番でアクションを行っていないプレイヤーがハンドを暴露した場合、ハンドの無効化を含む罰則が科すことができる。暴露されたカードは、テーブルに参加しているプレイヤー全員が見ることができる。
    1. 暴露後のマック – 既にフォールドしたプレイヤーに手札を見せた後フォールドしたプレイヤーには罰則が科すことができる。このような行為を繰り返すプレイヤーには罰則が科される。
  4. 共謀 - ポーカーは個人でプレイするゲームである。ソフトプレイ、チップダンピング、入賞達成を目的とした共謀 (例: バブルでビッグブラインド時に連続してフォールドする) 等は禁止されており、罰則の対象となる。
  5. エチケット違反 - 度重なるエチケット違反を行うプレイヤーには、トーナメント スタッフにより処罰が科される事がある。例として他のプレイヤーのカードやチップへの不必要な接触、ゲームの進行を遅らせる行為、順番を飛ばしたアクショ ンの頻発、チップの投げ捨て、ディーラーの手の届かない場所へのベット、過度の私語を含むがこれに限らない。更に、過剰な演出による度を超えた祝勝、不適 切な行為、行動、ジェスチャーは罰則の対象となる。エチケット違反には、他のプレイヤーのプレイスタイルやプレイ方法に対して暴言を吐いたり、非難したり する事も含まれる。
  6. 粗暴な発言 - 他のプレイヤー、トーナメントスタッフ、会場スタッフやその他の人員に対して暴言を言うことは許されない。プレイヤーやスタッフに対する粗暴で節度を欠い た言語の使用は厳重に禁止されており、違反したプレイヤーには罰則が科される事がある。特定の人物に向けられていなくとも、粗暴で節度を欠いた発言が繰り 返えされる場合は罰則が科される事がある。
  7. 参加者は、イベント期間中を通じてトーナメント会場全体において、節度を守った行動をしなければならない。不適切な言動をする者を発見した場合は、速やかにトーナメント スタッフに連絡されたい。これには衛生上や健康上、他のプレイヤーに迷惑をかける場合を含むがこれに限らない。個人の衛生状態や健康状態が他のプレイヤー の妨げとなるかどうかについては、トーナメント スタッフが判断し、PSLive が満足できる形で事態の改善を図ることを拒否するプレイヤーに対してはトーナメント スタッフ独自の判断の下、制裁が科される事がある。
  8. PSLive および/またはトーナメント ディレクターまたはトーナメントスタッフは、公式ルールやイベントの方針に反する行為に対して独断で処罰を科す事ができる。
  9. 罰則 - PSLive および/またはトーナメント ディレクターまたはトーナメント スタッフは、口頭での警告からすべての PSLive ライブイベント出場資格剥奪および追放に至るまでの処罰 (下記参照) を独断で課す事ができる。処罰はソフトプレイ、不適切な行為、または進行を妨げる行為を対象に行使される。テーブルの外にカードを投げる、1 枚または全部のカードが見えるようにカードを強く投げ捨てる、繰り返しゲームの進行を遅らせる、「1 プレイヤー 1 ハンド」ルールに違反する等の行為は処罰の対象となる。他のプレイヤー、トーナメント スタッフ、会場スタッフおよびその他のスタッフに対して暴言を吐くことは許されない。
    1. 処罰 - 処罰には、口頭での警告、単一または複数のハンド ペナルティ、単一または複数のオービット ペナルティ (オービットとは、トーナメント テーブルに残っているプレイヤー 1 人につき 1 ハンドと数えた場合の総ハンド数。プレイヤー数が 6 人の場合は 6 ハンドとなる)、ハンドの無効化、イベントからの退場、イベント出場権剥奪 (獲得賞金の全額没収)、イベントへの入場禁止、トーナメント主催者が開催する全イベントからの追放などがある。
    2. 処罰の程度 - 処罰は厳しい順に段階的に科されるとは限らない。トーナメントスタッフが重度の違反と判断した場合、最初の違反であっても失格となる事がある。プレイヤー は罰則の対象となる行為により、初めての場合であっても厳しい処罰が科される場合がある事を知っておく必要がある。
    3. ハンド/オービット ペナルティ - プレイヤーは 1 回もしくは複数回のハンドまたは 1 回もしくは複数回のオービットの間テーブルから離れていなければならない。罰則が科され退席したプレイヤーのハンドは、ラウンドの一部として数えられる。 ハンド/オービット ペナルティ を科されたプレイヤーは、処罰期間の間、指定のトーナメント会場に入ってはならない。処罰を科されたプレイヤーが席に戻った場合、ディーラーは担当のフロ ア スタッフに連絡しなければならない。
    4. 罰則の効力 – 罰則の効力は存続する。例: あるプレイヤーが 2 オービットペナルティ (16 ハンド) を受けたが、その日の残りハンドは 5 だった場合、翌日最初の 11 ハンドに参加できない事になる。テーブルブレイク、シート移動等の場合も同様である。
    5. 敗退・退場ペナルティ - トーナメントを敗退・退場したプレイヤーには敗退・退場した時点での順位が与えられる。
      1. 例: 残り 15 プレイヤー(上位 100 位が入賞) の時点でプレイヤー A がポーカー トーナメントと関係のない行為が原因でカジノへの立入禁止となった。当該プレイヤーのチップはイベントから排除され、順位は 15 位となる。
    6. 出場資格剥奪、失格 - 失格となったプレイヤーのチップは排除され、バイインは賞金プールに吸収される。当該プレイヤーは賞金に対する権利を失う。失格したプレイヤーは直ちにトーナメント会場を立ち去らなければならない。
  10. トーナメント資産 - PSLIVE トーナメント チップには現金価値は無く、PSLIVE の所有物であり、トーナメント会場やイベントから持ち出す事はできない。プレイヤーがチップを別のイベントに持ち出したり、他のプレイヤーに譲渡している ことが発覚した場合、当該プレイヤーはすべての PSLIVE ライブ イベントへの出場資格争奪および追放を含む処罰の対象となる。
結果
観戦
 

Copyright © 2004 - Rational Intellectual Holdings Limited. All rights reserved.