ニュース

ASIA PACIFIC POKER TOUR

APPT Season Poker News

APPTシーズン5の最後のイベント、セブ大会開催 - 2012年2月8日

ーズン5のファイナルイベントとして、APPTセブ開催が発表されました。美しいリゾート地セブでのイベントには、多くのプレイヤーが集まるでしょう。

4月25日~30日、フィリピン・セブ島のWaterfront Airport Hotel and CasinoにてAPPTセブ・ポーカートーナメントが開催されます。昨年のAPPTセブには236名のプレイヤーが集まり、優勝した韓国出身のVivan Im は581万ペソに上る賞金を獲得しました。この勝利をきっかけにTeam PokerStars Proのメンバーとなった彼女も、再びセブに戻ってきます。

APPTセブ・メインイベントのバイインはPHP 100,000 (US $2,350)、Asia Player of the Yearの対象イベントとなります。

PokerStarsサテライトを通過してイベントに参加するプレイヤーは全員、セブ島でも屈指の豪華ホテルShangri-La Mactan Resort and Spaに滞在します。


APPTシーズン5:韓国・ソウルにAPPTが帰ってきます

2011年Asia Player of the Yearも台湾のShaq Linに決定し、APPTシーズン5は幕を閉じたかのように思われた事でしょう。しかし今日、APPTは2012年3月ソウル大会の開催を発表しました。

しばらくソウルでは開催されていなかったAPPTですが、2012年3月7日~11日、 Paradise Walkerhill Casinoにて5日間に渡るポーカーフェスティバルを開催します。メインイベントのバイインはKRW 3,000,000 (US $2,600)となります。

APPTソウルが開催されたのは2008年の事でした。Yoshihiro Tasaka が日本人プレイヤーとして初めてAPPTチャンピオンの座を獲得した大会でもあります。それから3年余り、韓国でのポーカー人気は比べ物にならない程上昇 しました。次のソウル大会では、より多くのプレイヤーが集まる事が期待されています。

PokerStarsでは現在サテライトを開催中です。APPTソウルの参加権を是非勝ち取ってください!

それではソウルでお会いしましょう!


Randy "nanonoko" LewがAPPTマカオチャンピオンに - 2011年11月27日

Asia Pacific Poker Tourマカオ大会メインイベントのチャンピオンは、オンラインで磨いたスキルを見事にライブポーカーで生かしたPokerStars Team OnlineメンバーのRandy "nanonoko" Lewに決定しました。

14時間前、LewはPokerStars Macau Poker RoomでAPPTマカオ最終日を戦うためにテーブルに戻ってきた15名のプレイヤーのひとりでした。チップリーダーはインドのSangeeth Mohan、そしてDavid Steicke、Jeff Rossiter、Dao Xing "Bobo" Chenといった経験豊かなプロ達の姿もありました。

Sparrow Cheung、Josh Barrett、Tsugunari Toma、Dao Xing Chen、Baton Fungが脱落し、チップリーダーであったSangeeth Mohanが10位でファイナルテーブル進出を逃しました。

Randy Lewはファイナルテーブル進出時はショートスタックで、静かに機会を狙っていました。クィーンのペアの手札を手にした彼は勝負に出ましたが、Pなんと David Steickeがエースのペアを持っていました。これ以上ない最高のコンビネーションにも関わらず、ボードにはもう一枚クィーンが出て、Steickeは 9位でテーブルを去りました。

続いてシンガポールのTan Tei Zhengが8位、スウェーデンのDaniel Nordstromが7位で脱落。次はシンガポール出身のKai Yat Famで、Randy Lewの10のペアの手札に負かされ6位が決定しました。Lewは少しずつ上位に上がっていき、ディナー休憩の後、Zuo Wangを相手に素晴らしいハンドを見せました。

Wangはショートスタックで、フロップ前にオールインし、これをLewとRossiterがコールしました。2人ともチェックを繰り 返し、ボードには7♠A♣9♣T♦8♦ が出ました。Rossiterが700,000をベットすると、Lewはチェック-レイズで更に1,000,000を追加しました。これをコールした Rossiterの手札はJ♣T♣でストレート。これに対しLewはQ♦J♠でより位の高いストレートを完成しました。Wangは9♥9♠の手札でスリー カードでしたが、残念ながら退場を余儀なくされました。

Rossiterがその後 Fabian Spielmannをフラッシュで負かし、4位が決定しました。若く、才能溢れ、アグレッシブなプレイスタイルの残り3名Jimmy Pan、Jeff Rossiter、Randy Lewは見事な心理戦を繰り広げました。

Rossiterは最後に9♠T♥の手札で勝負に出ましたが、Jimmy PanのA♥Q♣ に負かされ、ファイナルテーブルを去りました。

Randy LewとJimmy Panのヘッズアップは、最初Lewがほんの少しだけリードしていました。ファイナルハンドは、Q♥T♠8♠のフロップで両者がオールイン。Lewは Q♦T♣、PanはK♦Q♠でツーペアのLewが勝っていました。ターンは5♦、リバーはJ♣で、Randy LewのAPPT優勝が決定しました。

ファイナルテーブル賞金額
1st Randy Lew (カナダ) PokerStars Team Online $3,772,000
2nd Jimmy Pan (マカオ) $2,367,000
3rd Jeff Rossiter (オーストラリア) $1,306,000
4th Fabian Spielmann (ドイツ) PokerStars Qualifier $1,019,000
5th Zuo Wang (中国) $809,000
6th Kai Yat Fam (シンガポール) $653,000
7th Daniel Nordstrom (スウェーデン) $498,000
8th Tan Tai Zheng (シンガポール) $373,000
9th David Steicke (香港) $263,300

また今日、Hung-sheng "Shaq" LinのAsia Player of the Year受賞が決定しました。Macau Millions優勝でポイントを稼いだ彼は、その後も何度もファイナルテーブル進出を果たし、長い間首位を守ってきました。来シーズン PokerStars Macauがスポンサーを務めます。おめでとうございます!


APPTマカオ、残り15プレイヤーに - 2011年11月26日

APPTマカオ

Day3が始まった時点で、今日は長い一日になる事が予想されました。96名のプレイヤーのうち、70名が入賞、そして明日のチャンピオン決定戦に参加するファイナルテーブルプレイヤーが決定する重要な日だからです。

そして非情にも、ここまで生き残りながら、26名のプレイヤーは何も手にせずポーカールームを去ることになりました。入賞を逃し、悔しい思いをしているプレイヤーの中にはTeam PokerStars ProのNacho Barbero、ニュージーランドのJackson Zheng、スコットランド出身のGordon Huntly、そしてDay1AのチップリーダーであったShih Chiehもいました。

残りプレイヤーが入賞者だけになると、ゲームは多少リラックスしたものになりました。最低でもHK$46,700を手にする事ができるわけですから、当然です。

最初にキャッシャーを訪れたのはJulian Powell (69位)、Haifeng Xue (65位)、Devan Tang (64位) 、Andrew Scott (61位)等でした。そして10度のWSOP優勝経験を持つJohnny Chanも、すぐにその仲間入りをする事になりました。Shane DyeがストレートのハンドでChanを負かし、彼は60位、HK$46,700を手にしてテーブルを去りました。そしてTerrence Chan (56位) 、Darren Judges (54位)、Manami Hayamizu (48位)、Tetsuya Tsuchikawa (44位)がそれに続きました。

Day2のチップリーダーNathaniel Seetは、今日は始めから調子が悪かったようで、38位で テーブルを去りました。元チャンピオンVictorino Torresは36位、同じく元APPTチャンピオンGrant Levyは25位に終わりました。

24名が残ったところでディナー休憩となりました。プレイ再開後、David Manがブッグブラインドでアクションを起こしましたが、それが裏目に出てしまい24位で脱落、ショートスタックに陥っていたVincent Torresは22位でした。

プレイ開始後14時間、今日のゲームは残り16名で終了するとのアナウンスがありました。するとそれに触発されてか、ダブルKOが出るなど、脱落者が続出しました。

Shane Dyeがボタンの位置からA♠5♣の手札でショートスタックのチップ全てを賭けると、ビッグブラインド・ポジションのSangeeth Mohanが即コールしました。Mohanの手札はK♠K♥、最終的にフルハウスを完成しました。

同時にA♦J♣の手札でフロップ前にオールインしたVictor Weiですが、Jimmy Pan のA♥K♣にぶち当たりました。結局Dyeと16位賞金を分け合う形になりました。

長かった今日のプレイの末チップリーダーとなったのはMohan、シンガポールのKai Yat Fanが続いています。Jeff Rossiter、David Steicke、Josh Barrett、Bobo Chen、PokerStars Team OnlineのRandy "nanonoko" Lewも明日の最終日でプレイします。

テーブル 6
Seat 1: Daniel Nordstrom (スウェーデン) - 786,000
Seat 2: Randy Lew (カナダ) (PokerStars Team Online) - 845,000
Seat 3: Daoxing Chen (中国) - 672,000
Seat 4: Sangeeth Mohan (インド) - 2,423,000
Seat 5: Zheng Tai Tan (シンガポール) - 985,000
Seat 6: Jimmy Pan (オランダ) - 1,586,000
Seat 7: David Steicke (香港) (PokerStars Player) - 886,000
Seat 8: Kai Yat Fam (シンガポール) - 2,358,000

テーブル 15
Seat 1: Zuo Wang (中国) - 1,511,000
Seat 2: Tsugunari Toma (日本) - 635,000
Seat 3: Baton Fung (香港) - 338,000
Seat 4: Sparrow Cheung (香港) - 238,000
Seat 5: Josh Barrett (オーストラリア) (PokerStarsサテライト通過者) - 1,013,000
Seat 7: Fabian Spiedelmann (ドイツ) (PokerStarsサテライト通過者) - 1,425,000
Seat 8: Jeffrey Rossiter (オーストラリア) – 1,173,000


APPTマカオ: SeetがチップリーダーとしてDay3へ進出 - 2011年11月25日

APPTマカオ

APPTマカオDay2が終了しました。トップはシンガポールのNathaniel Seet。チップカウントはなんと平均チップ量の5倍もの774,500。

Day1AではPhil Iveyのトーナメント復帰に沸きましたが、残念ながら後半で脱落。Day1Bでは参加者数が過去最高となり、話題を呼びました。そして今日Day2のハイライトは、始終優しい微笑みを絶やさないながらも、後続を許さないSeetの圧倒的な勝利でした。

Team PokerStars ProのJose "Nacho" Barberoも257,400チップでDay3進出を決めました。またオンラインで一度に24テーブルをプレイする事で有名なTeam OnlineのRandy LewもDay2を生き延びました。

Day3ではいよいよ入賞者70名が決定します。その後、ファイナルテーブル進出プレイヤーが決定します。


APPTマカオDay1BはJohnny Chanの登場が話題に - 2011年11月24日

APPTマカオ

マカオは今や世界で最も熱いポーカースポットのひとつとなったと言えるでしょう。毎年、規模が大きくなっているAPPTマカオですが、今年はDay1Aには269名、そして本日Day1Bには305名が参加し、HK$30,000メインイベントの総プレイヤー数は575名と、再び過去最大となりました。

今回のAPPTマカオは、2007年のAPPTシドニーの561名を上回り、APPT史上最多の参加者数となりました。世界54カ国、6大陸からプレイヤーが集まりました。

今日ポーカーテーブルにはWSOPブレスレット10回獲得を誇るJohnny Chan、元APPTマカオ優勝者のDinh Le、Eddy Sabat、Victorino Torresや、Team PokerStars ProのBryan Huang, Celina Lin, Vivian Im, Max Lykov、そしてLAPT2回優勝の Jose "Nacho" Barberoがいました。この中でLin、Sabat、Lykovは残念ながらテーブルを去りました。

Day1Aのゆっくりしたペースに比べ、今日はプレイの進みが速く、最終的には149名が生き残りました。途中、2009APPTシドニー優勝者のAaron BentonとAndrew Ongの口喧嘩もあったものの、無事に終了したDay1Bのチップリーダーは台湾出身のJun Shaでした。

Day1 >終了時のトップ10
Chieh Su Shih - 171,800
Jun Sha - 169,400 (PokerStars Macauサテライト通過者)
Daniel Francis - 154,100 (Poker Starsプレイヤー)
Bryan Huang - 154,100 (Team PokerStars Asia)
Carlos Chang - 147,900 (PokerStarsプレイヤー)
Andrew Ong - 145,900
Daniel Chua - 145,900
Fabian Spiedelmann - 142,800 (PokerStarsサテライト通過者)
Erdenebold Begzjav 142,400 (PokerStars Macauサテライト通過者)
Zheng Tai Tan - 141,000

明日のDay2に参加するプレイヤーは304名。テーブル1~25は12:10PM開始、テーブル26~31は12:30PM開始となります。両グループとも20分プレイした後、残りプレイヤー全員がPokerStars Macauポーカールームに入りきる予定となっています。


APPTマカオ: 話題をさらったIvey、首位はSu – 2011年11月23日

APPTマカオ

PokerStars Macauポーカールームには、APPTマカオDay1Aに参加するプレイヤー269名が集まりました。アジアの有名プレイヤー達、Team PokerStars Proの面々、PokerStars Team Onlineのプレイヤー…いつものトーナメントと変わらない様子で始まりました。しかしレベル2の終盤、ひとりの登録プレイヤー名が目を引きました。

1、2時間の間、会場は噂で持ちきりになりました。2011年、ほとんどライブポーカートーナメントから遠ざかっていたIveyがマカオに来ているというのです。本当に?あのIveyが?遂にポーカーテーブルに帰ってくるのか? 噂は本当でした。

Iveyの登場で話題騒然となった今日。彼は160名のDay2進出を決めたプレイヤーのひとりとなりましたが、Day1Aのトップを奪ったのはチップカウント171,800のShih Chieh Suでした。

注目を集めていたMacau Poker Cupチャンピオンシップ優勝者の Raiden Kanですが、Day1A終盤、脱落してしまいました。Asia Player of the Yearの有力候補として現在首位のShaq Linを脅かしていたKan、今回はテーブルの外で行く末を見守るしかないようです。

金曜日のDay2に進出を決めたプレイヤーにはGrant Levy, Julian Powell, Thomas, Ward, Andrew Scott, Jackson Zheng, Team OnlineのMickey Petersen, Team PokerStars ProのAlex KravchenkoとRaymond Wu等がいます。


APOY最後のチャンス、APPTマカオ – 2011 11月17日~27

APPTマカオ

PokerStars.net Asia Pacific Poker Tour (APPT)マカオ大会 が11月17日~27日までCasino Grand Lisboa内PokerStars Macauで開催されます。バイインHKD $30,000のメインイベントは賞金総額HKD $6,000,000保証です。

現在Asia Player of the Yearのトップである台湾のHung Sheng "Shaq" Linにとっては、この11日間のポーカーフェスティバルは、トップの座を守れるかどうかの最大の正念場となります。

2011 Macau Millionsのチャンピオンである彼は、過去8ヶ月間に渡り、ずっとAPOYトップの座を死守してきました。Team PokerStars ProのRaymond Wuの7ヶ月間を上回る記録です。

Linが今年稼ぎ出した賞金は120万香港ドルに上ります。そしてこれまでのところ、2月のMacau Poker Cup: Red Dragon (3位), Macau Millions (優勝), Macau Poker Cup Championship (6位)を含む主なトーナメントの全てでファイナルテーブル出場を果たしています。

Linの得点6,028ポイントは、去年までであれば、残り14トーナメントの時点でAPOY決定は間違いなしであったでしょう。 しかし、今年は、先月のMacau Poker Cup Championshipで優勝したRaiden Kanがここ2ヶ月でかなりの追い上げを見せていますので、Linも油断はできません。

Lin自身も、こう言っています。「MPCCが始まる前から、兄(APOY3位のAaron Lin)と、今回の一番の強敵はRaiden Kanだと話していたんだ。彼は多くの経験をつんでいるからね。」

現在2位のKanは獲得賞金額では170万香港ドルとLinを上回ります。MPCC優勝に加え、9月には2回の準優勝を果たしています。

「最大のチャンスがやって来た。自信はあるよ。」とKanは言います。「APPTマカオがもちろん次の目標だけど、Asia Player of the yearの座も狙っている。」

PokerStarsカントリーマネージャーのFred Leungは、「今年はこれまでになくダイナミックな展開になっています。APPTトーナメントがAPOYの対象イベントとなったおかげで、大きな順位の変動が予想されます。メインイベントの優勝者は3000ポイント程を獲得するでしょうし、その他に13ものAPOY対象イベントが開催されます。」

2011 Asia Player of the Year
1. Shaq Lin (台北) -- 6,028 pts
2. Raiden Kan (マレーシア) -- 4,936 pts
3. Aaron Lin (台北) -- 3,984 pts
4. Haifeng Xue (中国) -- 3,431 pts
5. Charles Lam (香港) -- 2,984 pts
6. Mark Benasa (フィリピン) -- 2,585 pts
7. Ion Sang Song (マカオ) -- 2,510 pts
8. Kwan Pao Mah (カナダ) -- 2,365 pts
9. Tetsuya Tsuchikawa (日本) -- 2,184 pts
10. Xin Rui Lu (中国) -- 2,163 pts


APPT QueenstownドイツのSchreinerが勝ち抜き – 2011年8月28日

APPT Queenstown

2011 PokerStars.net APPT クィーンズタウンが幕を閉じました。小規模ながらもアクションに満ちたトーナメントとなりました。アジアパシフィック地域のポーカー拠点のひとつとして、今後が楽しみな場所です。この美しいクィーンズタウンから優勝トロフィーを持ち帰るのは、アグレッシブなプレイを続けたドイツ出身のMarcel Schreiner です。

ファイナルテーブルが始まって1 時間が過ぎた頃、最初の脱落者が出ました。2010 APPT シドニー・メインイベント優勝者Jonathan Karamalikis です。彼は Q♠ Q♥ の手札でフロップ前にオールイン、しかしオーストラリアのPokerStars サテライト通過者Daniel Laidlaw は K♦ K♣ を持っていました。ボードには両者のハンドに影響を与えるカードは出ず、Karamalikis の9 位入賞が決定しました。

プレイ開始後2 時間で最も話題となったのは、 9♠8♠ の手札で6 回ベットしたMarcel Schreiner とMatty Yates の戦いでした。アグレッシブなSchreiner にとって珍しい事ではありませんが、この時Yates は K♥K♦ を持っていたのです。ボードは 9♣ J♦3♦ J♠3♣ 。このハンドでYates は100 万チップを突破し、Schreiner は窮地に立たされました。

Yates は更にHugh Cohen をKO しました。Cohen はA♥K♥ の手札で勝負に臨み、対するYates の手札は A♦Q♦ 。リバーでボードにQ♥ が出て、Cohen は8 位でテーブルを去りました。その後ニュージーランドのCarl Knox が中国のXiao Dong Xia を2 ハンドに渡るダメージを与えノックアウトし、Xia の7 位が決定しました。

APPT ファイナルテーブル3 度目の出場となるTom Grigg も同じ運命を辿り、6 位決定。まずSchreiner のフルハウスに打撃を受け、その後何度かダブルアップしますが、結局浮上できずにテーブルを去りました。20 分後、PokerStars サテライトを勝ち抜いて本大会に出場したDaniel Laidlaw が残りのチップを A♣Q♠ に託しますが、やはりSchreiner のスリーカードに勝てず、5 位が決定しました。

ディナー休憩の後、ニュージーランド出身のPokerStars サテライト通過者John Waterman がCarl Knox をエースのペアで負かしました。Knox は4 位に入賞しました。そのWaterman も3 位でテーブルを去り、Yates とSchreiner のヘッズアップとなりました。

ここまででプレイされたハンドはたったの180 、そしてそのアグレッシブなプレイから判断して、ヘッズアップはそう長く続かないだろうと誰もが思いました。しかしほぼ同量のチップを有していた Yates 、Schreiner 両者とも真剣そのもののプレイを見せました。Schreiner にとっては、長く夢見てきた優勝、Yates にとっては地元ニュージーランドのプライドを賭けた戦いです。

最終的にはYates が A♥ 9♠ の手札でオールイン、これに対してSchreiner は A♠Q♠ で対抗しました。フロップは、Yates 無念の Q♥ A♣ A♦ 。フルハウスを完成したSchreiner の優勝、Yates の準優勝が決定しました。

Marcel Schreiner 、2011 PokerStars.net APPT クィーンズタウン・スノーフェスト優勝おめでとう!


Marcel SchreinerがDay2リード – 2011年8月26日

APPT Queenstown

APPT クィーンズタウンDay 2 は71 名のプレイヤーアグレッシブなプレイに満ちたバトルを繰り広げました。プレイ開始後まもなくオーストラリアのTom Grigg が2 人KO しチップをぐんと増量、ニュージーランドのKoray Turker がRichard Docherty を負かし、カナダ出身のPokerStars サテライト通過者Amichai Barer がおよそ150,000 にまでチップを増やしました。

オーストラリアのPokerStars サテライト通過者Jonathan Karamalikis もPokerStars Team Online のDale Philip からかなりのチップを奪い、100,000 チップカウントを超えました。タイを拠点とするスコットランド人のPhilip はその後間もなくテーブルを去る事になりましたが、昨晩サイドイベントの NZD$550 ポットリミットオマハで優勝し、賞金とスノーボードを獲得したのでそれほど悪い結果とは言えないでしょう。

昨日やはりスノーボードを獲得した注目のAlicia Sale ですが、Day2 開始時はチップリーダーとしてスタートしました。しかし今日はあまり幸運に恵まれず、ボード T♠9♠8♠ Q♦ 7♠ の時にJonathan Karamalikis の Q♠J♣ がフラッシュを完成し、 A♦J♦ のSale はここでテーブル退出となりました。

ニュージーランドのKoray Turker は、1 ヶ月前APPT メルボルンで見せたアグレッシブな姿勢を貫いていました。今回はTom Grigg に対し A♣5♠ の手札で勝負を仕掛けましたがGrigg の K♥ K♣ に負かされ60,000 にまでチップ量が落ち込みました。最終的にはJamie Lunt の手によっってテーブルを去る事になりました。これでMarcel Schreiner はぐんと優位に立ちます。

Grigg とSchreiner の戦いが続きました。ボードにはフロップ K♣ 4♥5♦ 、ターン6♥ 、リバー 7♣ が出て、Grigg はベット。悩んだ末にSchreiner はこれをコールしました。彼の手札は A♠ Q♥ 、Grigg の A♦9♥ に勝っていました。これで453,800 と 大量のチップを獲得しました。

Grigg はその後も奮闘しましたが220,500 チップカウントで2 位の結果となりました。Jonathan Karamalikis (192,800) 、Ben Paurini (180,100) 、Carl Knox (148,100) もDay3 へ進出します。またオーストラリアのPokerStars サテライト通過者Hugh Cohen も143,900 チップで生き残りました。

明日の現地時間午後4 時、21 名のプレイヤーがファイナルテーブル進出を賭けてプレイします。


ニュージーランドのAlicia SaleがDay1Cを制す– 2011年8月25日

APPT Queenstown

本日Day1C で2011 年APPT クィーンズタウンの総参加者数が決定しました。127 名、賞金総額はNZ$342,900 。クィーンズタウンで開催されたポーカートーナメントとしては過去最大規模となりました。

Day1C ではJoel Dodds, Dennis Huntly, Andrew Scott, Brad Bower, Octavian Voegele, 昨年のANZPT クィーンズタウン優勝者Julian Cohen 、ANZ Player of the Year 現在首位のLeo Boxell 等がプレイしました。

しかし何と言っても今日の注目の的はニュージーランド出身のAlicia Sale です。彼女はメインイベントのプレイが開始する前から、サイドイベント優勝の賞品としてスノーボードを授与され、スポットライトを浴びていました。

プレイの間中、殆どリードし続けていたSale ですが、一度はチップ量が4,100 にまで落ち込みました。しかしその後立て続けにダブルアップし、首位の座を守りきりました。ハイライトは、Sale が K♦2♦ 、Octavian Voegele が J♦ J♣ の手札で勝負したハンドです。フロップは 6♣2♠2♣ 、スリーカードでSale が多額のポットを獲得しました。

その後何ハンドかは彼女の有利な方向で進んでいきました。しかし、APPT 常連プレイヤーのJoel Dodds と苦しい対決をする事になります。Dodds はフロップ前にレイズ、フロップでスリーベット、ターンではほぼ全てのチップをポットに入れました。ボードは 3♠A♣5♣ K♦ 。Dodds はリバー 4♠ で最後のチップをオールインします。 Sale は大きな決断を迫られました。最終的にコールした彼女の手札は A♠ 3♥ でツーペア、Dodds の手札は Q♥T♥ で、ブラフを試みましたが失敗に終わりました。

Sale は91,750 というチップカウントで、2 位に大きく差をつけDay1C のトップに立ちました。

Day1C トップ 10
Alicia Sale (New Zealand) - 91,750
Ben Paurini (New Zealand) - 77,225
Octavian Voegele (Austria) (PokerStars Player) - 59,975
Charles Caris (Australia) - 57,100
Jeremy McDonald (New Zealand) - 51,900
Jamie Lunt (New Zealand) - 44,550
Daryl Hussey (New Zealand) - 37,200
Roland Keiso (Estonia) (PokerStars Qualifier) - 32,175


Day1Bのトップはドイツ出身Schreiner – 2011年8月24日

APPT Queenstown

APPT クィーンズタウンは開幕2 日目、Day1B トーナメントが開催されました。Day1A と違い、今日はオーストラリア人のプレイヤーが多数参加していました。38 名の参加者には2009 年ANZPT クィーンズタウン・メインイベント優勝者のDanny Chevalier や2007 年APPT シドニー優勝者のGrant Levy 、オンラインプロのTom Grigg 等の姿もありました。

オーストラリアの人気プレイヤーRicky "rickwaa" Kroesen はチップの増減が激しく、ニュージーランドのJeff Bucher を相手にかなりの量を失っていました。オーストラリアTeam PokerStars Pro のJoe Hachem も健闘していましたが、1 時間後、2度目の休憩の前にニュージーランドのMatty Yates に負かされテーブルを去りました。

Simon Watt も 5♦ 5♣ の手札で 9♥ 9♣ を持っていたアイルランドのReggie Lyons に負けてしまいました。Lyons もその後間もなく、ニュージーランドのPokerStars サテライト通過者のChristopher Roy の手によって脱落してしまいます。Grant Levy は最後のレベルまで残っていましたが、フロップが 5♠ 2♦9♥ 、手札 9♦ 8♣ でオールイン、A♠A♣ を持っていたドイツのMarcel Schreiner に負かされてしまいました。Schreiner は順調に勝ち続け、72,600 チップでDay1B のトップに立ちました。

Top ten chip counts:
Marcel Schreiner ( Germany) 72,600
Matty Yates ( New Zealand) 62,100
Andrew Hinrichsen ( Australia) 54,550 PokerStars Qualifier
Jonathan Karamalikis ( Australia) 50,700
Ryan McKay ( Australia) 50,250
Daniel Laidlaw ( Australia) 50,075 PokerStars Qualifier
Tom Grigg ( Australia) 48,900
Dale Philip ( Scotland) 48,000 PokerStars Team Online
Michael Pedley ( Australia) 41,400PokerStars Qualifier
Jeff Bucher ( New Zealand) 36,275


APPTクィーンズタウン開幕 – 2011年8月23日

APPT Queenstown

クィーンズタウンは、左側に雪を被った山々が聳えているかと思えば右には青い水を湛える湖が広がる、まるで絵葉書のようなとても美しい町です。そんなのどかなクィーンズタウンで、APPT クィーンズタウン・スノーフェストが開催されています。

本日Day1A の参加者は40 名。たった5つのポーカーテーブルを見て、今日は静かな1 日になるかと思いきや、ニュージーランド勢のアツいポーカープレイに圧倒されるはめになりました。クリケットであれ、ラグビーであれ、隣のオーストラリア勢へのライバル心が強いニュージーランド人。ポーカーでもその心意気を見せつけました。

今日はJackson Zheng 、Koray Turker 、Cole Swannack 等ニュージーランドのポーカー新人類が活躍しました。まずZheng がPokerStars サテライト通過者のStephen Moon をノックアウトしました。続いてAPPT シドニー優勝歴を持つAaron Benton もKoray Turker の手により初盤でテーブルを去る事になりました。チップ量を増やしながらTurker とZheng は次々にライバルをテーブルから追い出していきました。

Brett Chalhoub は5 回のベットが続いたポットを賭けたハンドで A♣ K♥ の手札を持っていながら、ボードに T♠ 5♥ 3♠ Q♦ Q♠ が出てTurker の T♥9♥ に負かされてしまいました。 またMichael Davy 、John Maklouf も彼のアグレッシブなプレイに痛手を負いました。

一方Cole Swannack は静かにチップ量を増やしていきました。Semesa Brown を相手にブラフを演じ、フラッシュでTrung Tran を負かし、チップリーダーの1 人にのし上がりました。

プレイ終盤までチップリーダーであったKoray Turker は、 J♦9♥ の手札でJacky Wang の A♦ Q♣ に勝てずにチップを減らし、1 位の座をSwannack に譲る事になりました。6 レベルのプレイを終え、3 人のニュージーランドの若者が圧倒的にリードする形になりました。

今日Day1A を生き残ったプレイヤーは26 日( 金) のDay2 で再びプレイします。

トップ10 チップカウント
Cole Swannack, New Zealand - 86,050
Koray Turker, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 85,075
Jackson Zheng, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 80,125
Semesa Brown, Australia - 43,125
Wayne Bell, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 40,125
Rachel Bellard, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 37,525
Gareth Dale, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 36,800
Werner Soames, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 34,175
Joseph Allis, New Zealand (PokerStars Qualifier) - 32,875
Harry Kyriacou, Australia (PokerStars Qualifier) - 32,500


APPTメルボルン、Boxellがチャンピオンに – 2011年8月1日

APPT Melbourne

PokerStars.net APPT メルボルンが始まった3 日前から、ファイナルテーブルには強力なメンバーが集まる事が予想されていました。260 名のプレイヤーの中には、過去のAPPT 優勝者、ANZPT 優勝者、Aussie Millions ゴールドリング獲得者、WSOP ブレスレット獲得者が多数参加したからです。

優勝したLeo Boxell は昔からポーカーを愛好してきたプレイヤーでありながら、ここ18 ヶ月、コンスタントに結果を出し、その活躍には目を見張るものがあります。オンラインプレイを得意とする若者達を抑えて今回堂々チャンピオンの座を獲得しました。

ゲームが始まって最初の大きなアクションはJulius ColmanのQ♦Q♣ に対し A♦A♥ でダブルアップしたVan Marcus によるものでした。Julius Colman はツキに恵まれず、9♠9♥で勝負に出たところWill JonesのK♠K♣ 負かされ、9 位で最初にテーブルを去りました。

前半、Will Jones とSteve Bouya は順調にポットを獲得していました。これに対しJackson Zheng とPhil Willcocks はチップを減らしていきます。Zheng は K♣Q♥でオールインしましたが、Willcocksの4♦ ♣に勝つ事ができず、8 位に終わりました。

PokerStars サテライト通過者のEddie MascardiはA♥8♦の手札でWill Jones のA♠A♣に負かされ7位、Michael Frydman は9♠9♥で勝負しましたがLeo Boxell の T♦T♥ のペアが上回っており、6 位で終了しました。

ディナー休憩時、残った5人のトップは Will Jones でした。その後プレイはタイトになり、誰も脱落しない状態がしばらく続きました。その静寂を破ったのはVan Marcus 。ショートスタックに陥っていた彼は、フロップ Q♥K♥5♥で、手札がK♣J♦という状況でオールインしました。しかしPhil Willcocks の手札は A♥A♦ でした。Marcus は5 位でテーブルを去りました。

タスマニアのWill Jones はここまで好調でしたが、4位で終了したのは運が悪かったとしか言いようがありません。フロップは 9♠K♦5♠、Willcocks が7♠6♠でオールインし、Jonesは9♥9♦のスリーカードでこれをコールしました。しかしターンで8♥が出てWillcocks はストレートを完成。リバーは3♠で、Willcocks がポットを獲得しました。

この時点で戦いは巨額のチップを獲得するか、テーブルを去るかという状況になっていました。フロップJ♦5♦2♣でSteve Bouya が9♦9♠の手札でオールインしました。 これが裏目に出てA♠A♣を持っていたBoxellにコールされ、Bouyaは3位で終了しました。

Boxell とWillcocks のヘッズアップは2 時間続きました。Boxell はヘッズアップ最初のハンドで2♥2♦の手札でオールインしました。それに対しWillcocks が開けた手札はQ♠Q♦。大きく後悔したBoxellでしたが、そのあとフラッシュを完成し、その場を凌ぐ事ができました。

Willcocks はそれから次第にチップを減らして行きました。2♥Q♠6♦4♠J♥のボードでBoxellが4♣2♠の手札でコール、ツーペアに対し、Willcocks はJ♠T♥でBoxell の優勝が決定しました。

Boxell はAPPT トロフィーと優勝賞金$330,000 を手にしました。そして現在ANZ Player of the Year のトップを走っています。おめでとう、Leo!

ファイナルテーブル結果

1位 Leo Boxell ( オーストラリア) - $330,000
2位 Phil Willcocks( ニュージーランド) - $207,600
3位 Steve Bouya ( オーストラリア) - $116,000
4位 Will Jones ( オーストラリア) - $88,600
5位 Van Marcus ( オーストラリア) - $73,300
6位 Michael Frydman ( オーストラリア) - $58,000
7位 Eddie Mascardi (オーストラリア)(PokerStarsサテライト通過者) - $45,800
8位 Jackson Zheng(ニュージーランド)(PokerStarsサテライト通過者) - $36,700
9位 Julius Colman ( オーストラリア) - $27,500


APPT メルボルン、ファイナルテーブル進出メンバー決定 – 2011年7月31日

APPT Melbourne Day3

PokerStars.net APPT メルボルンのAU$5,000 メインイベントには総勢260 名のプレイヤーが参加しました。3 日に渡るフロップ、チェック、レイズにバッドビートの末、遂にファイナル9 が決定しました。ルーキーからベテランまでバラエティに富んだファイナルテーブルとなります。

シート1: Eddie Mascardi ( ブリスベン オーストラリア) (PokerStars サテライト通過者), 335,000 チップカウント

Eddie Mascadri はオーストラリア・ブリスベンに住み、ポーカー歴は4 年ほど。これまでに入賞したトーナメントは2010 年APPT オークランド・メインイベントでの17 位 (NZ$7,200) 。楽しんでポーカーをプレイしている。42 歳のMascadri ブリスベンでガイドの仕事をしており、サッカーとオーストラリア式フットボールのファンである。地元のパブのポーカーゲームの常連で、ブリスベンのポーカー仲間の期待を背負っている。335,000 チップと、テーブルで最もショートスタックでのスタートである。

シート2: Van Marcus ( メルボルン, オーストラリア), 346,000 チップカウント

Van Marcus はメルボルン出身、28 歳のプロポーカープレイヤーである。ポーカー歴は10 年で、2008 年APPT マニラ・メインイベントで優勝、US$160,000 を獲得した経験を持つ。Marcus はWSOP ファイナルテーブルに3 回出場した事があり、これまでに獲得した賞金総額は120 万ドルに上る。Marcus は自分はオンラインプロで、Tom Dwan やPhil Galfond の影響を受けているという。APPT メルボルンのファイナルテーブルには彼の大叔父のSteve Bouya も進出している。ポーカー以外の趣味は旅行、映画鑑賞、パーティ。Marcus のチップカウントはテーブルで2 番目に少ない346,000 。

シート3: Will Jones ( ホバート, オーストラリア), 730,000 チップカウント

Will Jones はタスマニアのホバートに住む22 歳のプロポーカープレイヤー。近年の若いプレイヤーとは違い、彼はオンラインではなくライブのキャッシュゲームでポーカーの腕を磨き、ラスベガスやマカオのハイステークのキャッシュゲームでプレイしている。同週に行われたState of Origin イベントでもタスマニアチームの一員として勝利を掴んだ。1 週間に2つのトロフィー獲得なるか?静かな性格ながらアグレッシブなプレイをするJones は730,000 チップカウントでファイナル戦に挑む。

シート4: Phillip Willcocks ( オークランド, ニュージーランド), 2,317,000 チップカウント

28 歳のプロポーカープレイヤーPhillip Willcocks は、2009 年のANZPT クィーンズランド メインイベントで準優勝、AU$112,000 を獲得し、注目を集めた。それ以前にも前年のAPPT シドニーでも好成績を残している。また2009 年APPT セブでも8 位に入賞した。そして今回、2,317,000 というライバル達を大きく引き離したチップカウントでファイナルテーブルに臨む。

シート5: Michael Frydman ( シドニー, オーストラリア), 741,000 チップカウント

56 歳、シドニーの企業に勤務するMichael Frydman が始めてポーカーに興味を持ったのは、約40 年前、週末に両親が友人達とポーカーを楽しむのをよく見ていた頃の事である。2001 年以来、6 回のファイナルテーブル進出、総額AU$60,000 以上の賞金を手にしている。2006 Victorian Poker Championships では3 位に入賞した。Frydman は741,000 のチップカウントでAPPT メルボルンのファイナルテーブルへ進出した。

シート6: Steve Bouya ( メルボルン, オーストラリア), 910,000 チップカウント

地元メルボルン出身のSteve Bouya は趣味として10 年以上ポーカーをプレイしている。51 歳のBouya は2009 Aussie Million のサイドイベントで3 位に入賞した事もあり、これまでに合計AU$60,000 以上の賞金を獲得している。Bouya は今回ファイナルテーブルに進出しているVan Marcus の叔父であり、 彼とヘッズアップになる事を期待している。チップカウントは3 番目に多い910,000 。

シート7: Julius Colman ( メルボルン, オーストラリア), 513,000 チップカウント

Julius Colman はゴルフが好きで家族を大切にする64 歳。大きなトーナメントへの出場経験が豊富だ。2007 年Aussie Millions メインイベントでは4 位に入賞しAU$500,000 の賞金を獲得している。WSOP では2 回、APPT では3 回の入賞、2009 年ANZPT アデレードではファイナルテーブル進出の経験を持つ。今回は513,000 と3 番目に少ないチップカウントでAPPT メルボルンファイナルテーブルへ挑む。

シート8: Leo Boxell ( メルボルン, オーストラリア), 1,170,000 チップカウント

オーストラリアを代表するポーカープレイヤーのひとりで真の紳士であるLeo "The Mechanic" Boxell 。いつも愛妻Bev が観客席から応援する彼のトーナメント歴は1998 年に遡る。APPT/ANZPT で5 回、WSOP1 回、ニュージーランドとオーストラリアの大会ではAussie Millions を始め何度も入賞を果たし、これまでの獲得賞金はUS$750,000 に上る。これはオーストラリアのトーナメント獲得賞金額歴代ランキングでトップ20 に入る。ファイナルテーブル開始時のチップかうんとは2 番目に多い1,170,000 。

シート9: Jackson Zheng ( オークランド, ニュージーランド) (PokerStars サテライト通過者), 640,000 チップカウント

APPT メルボルンメインイベントのファイナルテーブルに進出した2 人のニュージーランド人のひとり、Jackson Zheng 。22 歳のプロポーカープレイヤーである。 ポーカー歴は4 年。ライブトーナメントでの経験はまだ短いが、既に合計$170,000 を稼ぎ出している。昨年始めてWSOP に出場し、$1,500 ノーリミットホールデムイベントで入賞した。Zheng はまた、New Zealand Poker Open で2010 年と2011 年の2 年連続で優勝している。今回のファイナルテーブルへはチップカウント640,000 で臨む。


ニュージーランド勢がDay2を圧巻 – 2011年7月30日

オーストラリア人は普段、ニュージーランドを自分達の弟分として見ているようなところがあります。しかしポーカー界においては、近年ニュージーランドのプレイヤー達の活躍には目覚しいものがあり、兄貴分のオーストラリア人もうかうかしてはいられません。WSOP 優勝者のSimon Watt 、Aussie Millions チャンピオンLee Nelson 、APPT とANZPT の両イベントで優勝したBrotha D 、またオンラインで活躍するDamon Lum 、Richard Lancaster 、Paul Hockin 等、多数の強力なプレイヤーを輩出しています。

さらに今日、APPT メルボルン・メインイベントDay2 でも2 人のニュージーランド人が活躍しました。

ゲーム前半に目を引いたのは、極端にアグレッシブなプレイのKoray Turker でした。彼はアグレッシブながら見事な読みで周囲を感嘆させました。

しかしDay2 のスターは何と言ってもPhil Willcocks でした。これまでにもAPPT で何度か入賞、ANZPT では準優勝の経験もあります。しかし今回は彼の最大のチャンスと言って良いでしょう。

Phil Willcocks

Willcocks は、2 人のTeam PokerStars Pro をノックアウトし774,000 という大量のチップカウントでDay2 を終了しました。まずWillcocks はシンガポールのBryan Huang をキングのペアという手札で負かし、次に2003 年のワールドチャンピオンであるChris Moneymaker をエースのペアの手札で負かしました。

生き残ったTeam PokerStars はPokerStars Team Online プレイヤーのKeiran Harris で、オンラインで培ったスキルをライブでも発揮、389,000 のチップカウント、第4 位でDay3 へ進出を決めました。

今日のゲーム開始時146 名いたプレイヤーは、37 名にまで減りました。この中で2010 APPT シドニー・グランドファイナル優勝のJonathan Karamalikis 、2009 APPT オークランド優勝Simon Watt 、ANZ POTY をリードするJesse McKenzie 、Andrew Scott 、Sam Khouiss 、Ali Khalil 、Billy "The Croc" Argyros 、Jason Gray 、2007 APPT シドニー優勝Grant Levy 、Aussie Millions 優勝Stewart Scott もテーブルを去りました。

そして生き残ったプレイヤーにはJames Obst (474,900) 、Julius Colman (315,400) 、Michael Guzzardi (230,100) 、Mitchell Carle (172,300) 、Leo Boxell (168,400) 、Tony Hachem (161,400) 、Ricky Kroesen (157,400) 、2008 APPT マニラ優勝のVan Marcus (123,900) がいます。

明日Day 3 はいよいよ37 名がファイナルテーブル進出を賭けてプレイします。


APPTメルボルン、Mitch CarleがDay1をリード – 2011年7月29日

PokerStars.net Asia Pacific Poker Tour メルボルンは今日、Crown Casino にて2003 WSOP チャンピオンChris Moneymaker の掛け声で始まりました。260 名というプレイヤー数は昨年のAPPT イベントに比べると少ないようですが、たくさんのスタープレイヤー達も参加して華やかさでは劣っていません。

Team PokerStars のメンバーも多数参加しています。Moneymaker を始めPokerStars Team Asia Pro のBryan Huang 、Team Online Pro のKeiran Harris 等が参加しました、2005 WSOP チャンピオンでオーストラリアのTeam PokerStars Pro であるJoe Hachem は残念ながら、本日中盤でテーブルを去りました。

過去にAPPT で優勝したプレイヤー達も多数顔を見せています。Grant Levy 、Van Marcus 、Martin Rowe 、Aaron Benton 、Jonathan Karamalikis 、そしてAussie Millions チャンピオンのStewart Scott (2009) 、David Gorr (2011) も参加しました。

Carle

Grant Levy 、Octavian Voegele 、Julian Cohen 、Michael Kanaan 等ANZPT のチャンピオン達、そして2 度のANZ Player of the Year に輝き、2010 ANZPT パースの優勝者であるTony Hachem も参加しました。その他にも"Kiwi G" Putt, Billy "The Croc" Argyros, Sammy Youssef, Sammy Khouiss 、Leo Boxell 等有名プレイヤーが多数本日Day1 でプレイしました。

多数の強豪プレイヤーがひしめく中、今日トップの座についたのはオーストラリアのMitch Carle でした。後半でエースのペアという強力な手札で相手を負かし、187,900 のチップカウントでDay1A を堂々1 位で終了しました。

Carle を追うのはKyle Cheong (126,825), オンラインプレイヤーDavid Allan (123,700), 2009 ANZPT クィーンズランド準優勝Phil Wilcocks (110,100), ニュージーランドのPokerStars サテライト通過者Koray Turker (109,800) 、2010 ANZPT メルボルン準優勝James Obst (108,800) 、香港を拠点とするオーストラリア出身David Steicke (107,050) 。

また Jonathan Karamalikis, Sammy Youssef, Ali Khalil, Steven "The Big Show" Topakas, Michael Guzzardi, Daniel Neilson 、Jackson Zheng も無事Day1 を通過しました。

残念ながらテーブルを去る事になった有名プレイヤー達も多数います。Jai Kemp, Ben De'laney, Julian Cohen, Bruno Portaro, Jackie Glazier, Brendon "brendooor" Rubie, Joel "Strong Play" Dodds, Jay "SEABEAST" Kinkade, Andrew Scarf 、Aaron Benton はDay2 へ進出する事ができませんでした。

明日の正午、146 名のプレイヤーがテーブルに戻り、総額122 万ドルの賞金を賭けてプレイします。


APPTメルボルン開催に際して メルボルンガイド– 2011年7月27日

PokerStars.net Asia Pacific Poker Tour シーズン5 の最初のイベントは、メルボルンにあるオーストラリア屈指の豪華なカジノ、Crown Melbourne で開催されます。70 テーブルを有するポーカールームの周辺には、メルボルンでも最高ランクのバーやレストラン、娯楽施設や5 つ星ホテルが立ち並んでいます。

外国人がオーストラリアと聞くとまず思い浮かべるのはビーチでしょうか。しかし今時分オーストラリアは冬、しかも南に位置するメルボルンは、この季節とても寒くなります。ビーチを楽しむのは無理ですが、メルボルンにはスポーツや豊かな文化、ナイトライフ、ファッション、グルメ等楽しみはたくさんあります。

メルボルンには数多くのバーが軒を並べており、夜遊び好きには最適の都市。またAFL( オーストラリアのフットボールリーグ) もこの季節、盛り上がりを見せます。

是非1 日、ポーカーテーブルから離れて過ごしてみてください。St. Kilda のトレンディなバーで海を眺めながら飲むもよし、Chapel Stree でショッピング三昧も楽しいでしょう。メルボルンの歴史を訪ねて観光もできます。ヤラ川ではクルーズも楽しめます。素晴らしい眺めのSouthbank にはグルメなレストランもたくさんあります。

PokerStars サテライトに勝ち抜いてAPPT メルボルンに参加するプレイヤーの宿泊ホテルは、4 つ星のCrown Promenade 。Crown Melbourne コンプレックスにある3つのホテルのひとつです。もしもっと高級なホテルをお望みなら、Crown Towers がお勧めです。新しくオープンしたCrown Metropole も印象的なホテルです。3 件ともCrown Poker Room から歩いて数分の便利な立地にあります。

AUD$5,000 ($4,700 + $300) バイインのAPPT メルボルン・メインイベントは7 月29 日( 金) から、ファイナルテーブルは8 月1 日( 月) です。Crown Melbourne Poker Room ではサテライトを開催しています。


APPT シーズン5開催スケジュール決定 – 2011年6月10日

今年もAPPT はシーズン5 としてアジアのポーカーシーンに帰ってきます。昨年12 月、シドニーでシーズン4 のグランドファイナルが閉幕。それから半年経った今日、APPT シーズン5 のスケジュールが発表されました。最初のイベントはたった2 ヵ月後に迫っています。

Karamalikis

APPT シーズン5 はメルボルン、クィーンズタウン、マカオ、フィリピンで開催されます。最初のイベントはメルボルンで、7 月29 日にCrown Casino で行われるAUD $5,000 メインイベントからスタートします。

昨年シーズン4 のグランドファイナルでは、Jonathan Karamalikis が優勝し賞金AUD $459,510 を獲得しました。彼はまた今年のシーズン5 でも活躍が期待されています。

APPT シーズン5 の開催予定は以下の通りです。

APPT シーズン5 スケジュール
· APPT メルボルン (7 月 29 日~ 8 月 1 日 ) Crown Casino オーストラリア メルボルン
· APPT クィーンズタウン スノーフェスト (8 月 23 日~ 28 日 ) SKYCITY ニュージーランド クィーンズタウン
· APPT マカオ (11 月 23 日~ 27 日 ) Casino Grand Lisboa 中国、マカオ
· APPT フィリピン ( 日程は近日発表 )

結果
観戦
 

Copyright © 2004 - Rational Intellectual Holdings Limited. All rights reserved.