APPT4 Coverage - Macau

APPTマカオ

ファイナルテーブル

ファイナルテーブル

シート プレイヤー チップ
カウント
出身国 ステータス
1 Victorino Torres 396,000 北マリアナ諸島 PokerStars予選通過
2 Kai Danilo Paulsen 528,000 ノルウェー ダイレクトバイイン
3 Jeppe Drivsholm 1,223,000 デンマーク ダイレクトバイイン
4 Keith Hawkins 174,000 イギリス 他サイトから
5 Albert Kim 436,000 米国 PokerStarsオンライン登録
6 Chong Cheong 904,000 香港 ダイレクトバイイン
7 Cole Swannack 1,262,000 ニュージーランド PokerStars予選通過
8 Brian Green 970,000 コスタリカ PokerStars予選通過
9 Kenny Nielsen 791,000 デンマーク PokerStars予選通過

シート1: Victorino Torres – 北マリアナ諸島
Victorino Torresは米国の統治する北マリアナ諸島出身の33歳の弁護士。Torresはポーカーをプレイし始めて約3年で、トーナメントよりもキャッシュゲームを好む。彼のトーナメント入賞歴は浅いが、それでも2008年APPTマニラのサイドイベントで入賞経験がある。仕事とポーカーをしていない時は家族と牧場で過ごす。現在のチップカウントは396,000と、ファイナルテーブルで2番目に少ない。

シート2: Kai Danilo Paulsen – ノルウェー
Kai Paulsenはメインイベント ファイナルテーブルのメンバーの中では経験豊かなプレイヤーである。6年のポーカー経歴を持つPaulsenは、これまでのトーナメント賞金が$370,000 USDに及ぶ。ノルウェーはTrondheim出身、26歳のプロプレイヤーである彼のこれまでで最も大きな勝利は、2008 Irish Openで5位に入賞して獲得した€175,000である。Paulsenは大のスポーツ好きでサッカー、スノーボード、スキーに堪能。自身について一言リクエストすると、「マカオとギャンブルが大好き」とコメント。チップカウントは528,000。

シート3: Jeppe Drivsholm - デンマーク
デンマークのアマチュアプレイヤーJeppe Drivsholmはアジア地域のポーカー界では御馴染みの存在である。ここ3年間世界を旅してきた彼はマカオを第2の故郷と呼ぶ。元キャッシュプレイヤーのDrivsholmの最近のライブトーナメントでの入賞は2008年APPTマニラ メインイベントでの19位だが、この2ヶ月前 Drivsholmは彼のポーカー人生で最大の勝利を2008年APPTマカオ メインイベント で掴んでいる(5位、HKD $632,150, 約$80,000 USD)。25歳の彼はポーカーをプレイし始めて6年になると言う。Drivsholmのチップカウントは、2番目に多い1,223,000で、チップリーダーのCole Swannackとはたったの40,000チップの差である。

シート4: Keith Hawkins – England
Keith Hawkinsはファイナルテーブルのメンなーの中で最も入賞経験の豊富なプレイヤーだ。PokerStarsでは"The Camel"の名で知られるHawkinsは、これまでにオンラインのマルチテーブルトーナメントで50万ドル、シット&ゴーで35万ドルを稼ぎ出している。ライブでも活躍しており、過去10年間にHawkinsは世界中のトーナメントで合計100万ドル以上を獲得している。中でも2006年、Master Classics of Pokerメインイベントで4位、€122,125 (約 $150,000 USD)獲得はこれまでで最大の勝利である。 HawkinsはロンドンのサッカーチームQueens Park Rangersの大ファンである。イギリスMiddleton Tyasに住む42歳の彼は30年のポーカー歴を持つ。ファイナルテーブル開始時のチップカウントは9人中最少の174,000である。これを覆すことができるかどうか。

シート5: Albert Kim – 米国
Albert KimはニューヨークのStaten Island出身のプロポーカープレイヤーである。Kimがプロに転向したのは3年前の事で、自身に言わせれば、どちらかというとキャッシュゲームのプレイヤーだと言う。28歳の彼は2008 World Series of Pokerメインイベントで19位に入賞し$257,334を獲得した経験を持つ。これは彼のポーカー歴で最高成績である。Kimはまた今年3月にマニラ行われたAPPTシーズン4のスペシャルイベントでも入賞している(46位 - $4,200)。ポーカー以外の趣味は旅行、読書、飲みに行く事。Kimのファイナルテーブル開始時のチップカウントは436,000。

シート6: Chong Cheong – 香港
本職はビジネスマンの John Chongがポーカーを始めるきっかけとなったのは、一風変わっている。 Chongは、香港から1週間のバケーションでマカオのGrand Lisboaカジノでバカラをかなりのボリュームでプレイしていた。運が悪く、$10,000を残して全ての資金を失った彼は、もう辞めて香港に帰る事にした。しかし、その時台風が来て香港に帰れず、カジノにいる羽目になった。台風が過ぎ去るのを待っている間、Chongはテキサスホールデムのキャッシュゲームのテーブルへ近寄り、ちょっと座ってプレイしてみた・・・それからというもの、ポーカーに夢中である。55歳のChongはキャッシュゲームよりトーナメントを好み、PokerStars Macauポーカールームのローカルトーナメントで何度も入賞している。これまでで最大の勝利はHKD $210,000 (約$30,000 USD)を獲得した2008年12月のMacau Poker Cup Red Dragonイベント優勝である。Chongの現在のチップカウントは904,000。

シート7: Cole Swannack – ニュージーランド
ニュージーランド・オークランド出身の20歳、Cole Swannackは2010 APPTマカオ メインイベント・ファイナルテーブルの最年少プレイヤーである。Swannackの職業は「学生」となっているが、ここ1年半はプロとしてポーカーをプレイしている。Swannackのこれまでのベスト成績はクライストチャーチで開かれた2010 New Zealand Poker Championshipsでの準優勝で、獲得賞金はUSD $23,235に上る。 ポーカー以外の趣味はバスケットボールとビデオゲーム。Swannackのチップカウントは現在トップの1,262,000、このまま優勝に持ち込むことができるであろうか。

シート8: Brian Green – コスタリカ
コスタリカSan Jose出身のBrian GreenはAPPT初参加である。48歳のビジネスマンである彼のポーカー歴は12年で、これまでのライブトーナメントでの獲得賞金は合計$650,000 USDにも上る。ハイステークのトーナメントを好んでプレイするGreenのベスト成績は、2006 PokerStars Caribbean Adventureでの7位入賞、獲得賞金$ 144,500である。2002年のWorld Series of Pokerではあと少しのところでブレスレットを逃している。$5,000リミットホールデムイベントで優勝したJennifer Harmanに続き準優勝、$106,200を獲得した。 Greenはサイクリングをはじめ体を鍛えることが好きで、3人の子供がいる。Greenの現在のチップカウントは970,000。

シート9: Kenny Nielsen – デンマーク
Kenny Nielsenは36歳、デンマークSorø出身のセラピストで、ポーカー歴は8年になる。趣味としてポーカーをプレイし、トーナメントよりもキャッシュゲームを好む。今回のファイナルテーブルにはデンマーク人がNielsonと Jeppe Drivsholmの二人いる。トーナメントでのベスト成績は2005年、バイイン$10,000のWPTイベントでの27位に入賞、$41,705獲得である。自身について人々に知ってもらいたい事は何かと聞くと、Nielsenは「明日のAPPTマカオで優勝した、って事だよ!」と語った。Nielsenはファイナルテーブルに791,000 のチップカウントで挑む。